お知らせ

犬に多い皮膚病「膿皮症(細菌性皮膚炎)」


 

 

犬の皮膚病で多いものの一つに「膿皮症」があります。

膿皮症は、細菌が原因となり発症する皮膚炎で、細菌性皮膚炎ともいいます。猫にもありますが、圧倒的に犬で多く目にします。

原因菌となるのはブドウ球菌という皮膚常在菌です。皮膚の外傷や細菌以外の感染症、先天的な皮膚の構造や機能異常(アレルギーや脂漏症など)、精神的な要因(舐め癖)、スキンケアの不足、栄養状態の不良、代謝異常、免疫力低下など様々な要因の関与により、皮膚のバリア機能が破綻し、細菌の異常繁殖が起こり、皮膚炎としての症状を現します。

症状は、赤みを伴う発疹、ニキビのようなできもの(膿疱)、赤くジュクジュクしたよう皮膚(表皮小環、びらん・潰瘍)、脱毛、かさぶたのようなできもの(痂疲)などがみられ、かゆみを伴う場合もあります。

痂疲.jpg  痂疲を伴う発疹

 表皮小環.jpg   表皮小環、痂疲の下はびらんとなっている

 

 

2ブドウ球菌.jpg ブドウ球菌の増殖

 

治療は、局所の症状のみであれば抗菌・殺菌作用のある外用薬での治療を行います。症状が多発性の場合や全身に及ぶ場合には、抗菌薬の内服や注射を行います。また、薬用シャンプーでの洗浄も効果的です。局所であっても、外用薬の使用が難しい場合などは、内服や注射による全身治療を行う場合もあります。

再発を繰り返す場合には、アトピー性皮膚炎や代謝性疾患など何らかの基礎疾患があり、そのために二次的な細菌増殖が起きているため、基礎疾患の見極めと治療が必要となります。

皮膚で気になることがあれば、いつでもご相談ください。また、治療しているのになかなか良くならない、再発を繰り返すなどでお困りの場合にもぜひご相談ください。

忙しく時間がなかなかない場合には、予約診療も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。