お知らせ

免疫介在性多発性関節炎


 

免疫介在性多発性関節炎は、自分の免疫の異常によって起こる関節炎です。

本来は外敵から自分を守るための免疫機能が、自分自身の複数の関節を敵とみなして攻撃することで、関節炎が多発する病気です。

レントゲンで骨が溶けたように見える「びらん性」の関節炎である関節リウマチと、そのような変化を起こさない「非びらん性」の多発性関節炎があります。

多発性関節炎が起きる疾患は、特発性多発性関節炎、基礎疾患に伴う反応性多発性関節炎、全身性エリテマトーデスなどがあります。

比較的犬での症例が多いですが、猫で発症する場合もあります。

原因は正確には分かっていませんが、関節内では自己の免疫が攻撃した反応が確認され、免疫抑制剤の治療に反応が良いことから自己免疫疾患だと考えられています。

関節炎の症状として、足の痛みや関節の腫れ、跛行(びっこをひく)などが現れる場合があります。症状が進行すると、動くことが出来なくなってしまうこともあります。

その他、発熱(39.5℃以上)、元気消失、食欲の低下などの全身症状を伴うことも非常に多く、場合によっては発熱や元気消失が唯一の症状である場合もあります。

診断は、問診や身体検査、血液検査、レントゲン検査などから進めていき、多発性関節炎が疑わしい場合には関節液検査を行います。

治療は、炎症の緩和と免疫反応の抑制を目的にステロイド剤を中心とした免疫抑制剤で行います。

感染症や腫瘍などに続発した反応性多発性関節炎は、基礎疾患の治療も必要となります。

残念ながら、この疾患は完治することはありません。治療により症状は緩和するものの、治療を止めると再発したり、治療しながらもゆっくりと進行する場合があります。

ただし、寛解といって治療を終了しても症状の再発がなく生活が送れるようになる場合もあります。

(症例の紹介)

先日、今年に入り徐々に動けなくなり、来院時にはほとんど横になったままで立つことが出来なくなったわんちゃんが来院されました。

身体検査では、削痩、発熱(40.0℃)、脱水を認めました。血液検査では、好中球を主体とした白血球の著しい上昇、炎症反応CRPの著しい上昇を認めました。その他画像検査の結果なども併せて、免疫介在性多発性関節炎の可能性が高いため、関節液検査を行ったところ、好中球を主体とした炎症像を認めたため、免疫介在性多発性関節炎と診断しました。

L3060008.JPG 関節液中の炎症像

治療を始めてからは、徐々に立ったり、歩いたりすることが出来るようになり、発熱も治まりました。

もし、ペットの元気がなんとなくなかったり、発熱が良くならなかったり、どこかを痛そうにしているなど、気になることがある場合には、当院へご相談ください。