お知らせ

熱中症


 

梅雨が明け、気温が上がり夏らしくなってきました。この時期に熱中症での来院が増えてきます。当院でもすでに熱中症の患者さんが数件来院しています。犬や猫は毛に全身が覆われているので、人よりも暑さに弱く、温度管理が重要になってきます。

 

最初の室温は25度前後に設定してみましょう。

もし、それでもパンティングがよく見られる場合や涼しいところから動かない場合は暑がっているサインです。エアコンの温度を下げてあげましょう。犬種、猫種によって適温は様々です。特に毛が長い品種やダブルコートといわれる毛が密に生える品種は暑さに弱い傾向にあります。様子を見ながら、その子の適温を見つけてあげてください。

 

外出中は、こまめに水分摂取をさせましょう。

脱水予防のために、お散歩のときは水を持ち歩いて休憩時に飲ませてください。また、お散歩は暑くない時間にしましょう。犬は人よりも地面に近いので、コンクリートの輻射熱で人よりも暑く感じています。また、歩道は思っているよりも高温で、肉球が火傷してしまうこともあります。

 

お留守番は涼しいところでしましょう。

短い時間だから車内でいいだろう、エアコンはいらないだろうという考えは間違いです。窓を開けても気温はあまり変わりません。犬や猫は汗をほとんどかけないので、風にあたってもあまり涼しくありません。

 

 

もし、熱中症になってしまったら...

まずは病院に電話しましょう。状況を伝えて指示を仰いでください。

 

症状

呼吸がはやい、パンティングが止まらない

体が熱い、よだれが止まらない、ぐったりしている

声をかけても反応が鈍い、または反応しない

嘔吐、下痢、けいれん、失禁     など

 

熱中症のときは体を冷やすことが重要です。わきの下、首、太ももの内側などを冷やしながら病院に向かってください。熱中症の場合はほんの数分で命に関わることもあります。しかし、何より大事なのは予防することです。熱中症は防げる病気なので、日頃からしっかり様子を見てあげてくださいね。