お知らせ

肛門腺破裂


 

ワンちゃんを飼われている方は、定期的に肛門腺絞りをしていることが多いかと思います。肛門腺とは、臭いの強い肛門腺液を分泌する組織で、犬猫の肛門周囲にある1対の袋状構造物(肛門嚢)に肛門腺液は溜められ、大型犬は通常であれば排便時に肛門から排出されます。しかし、肛門腺液がドロドロで排出しにくかったり、高齢になって筋力が落ち、うまく排出できなくなることがあります。また、小型~中型犬は自力で肛門腺の排出ができない子が多いです。

時々、肛門まわりが腫れている、出血していると来院されることがあります。肛門嚢炎または肛門腺破裂です。肛門嚢に細菌が入ったり、肛門腺がうまく排出できず溜まりすぎてしまい肛門嚢が炎症を起こします。悪化すると皮膚が破けて穴が開き、肛門腺破裂になります。穴が小さかったり、肛門嚢炎であれば、抗生剤・消炎剤の内服で治療できますが、破裂した穴が大きすぎると縫合が必要になることもあります。

お尻を床で擦って歩いているのは肛門腺が溜まって違和感を感じているサインです。小型犬は最低でも月1回は肛門腺絞りを行うことをおすすめします。また、猫ちゃんも肛門腺が溜まりやすい子がいるので、お尻歩きが見られるときは肛門腺絞りが必要になります。

肛門腺が腫れている場合、腫瘍の可能性もあるので、治療しても腫れがひかない場合は追加で検査が必要になります。